• ホーム
  • ネキシウムとアルサルミンの併用は問題がないのか

ネキシウムとアルサルミンの併用は問題がないのか

2019年05月29日
よく眠る女性

胃酸過多は胃のプロトンポンプから分泌される胃酸の量が異常に多くなった状態をいいます。
胃酸過多が起こる原因としては、食生活、飲酒、喫煙、ストレスといったものが挙げられます。
もし胃酸過多の状態を放置すると、胃や十二指腸に潰瘍ができてしまったり、食道に胃酸が逆流して逆流性食道炎を引き起こしてしまうことがあります。
この状態を放置して食道や胃に慢性的な炎症を起こしてしまうと食道がんや胃がんが起こるリスクも高まります。
胃酸過多は胃のムカムカ、胸やけ、呑酸、ゲップなど初期から症状が現れるので、これに気づいたら早めに治療に踏み切る必要があります。

胃酸過多の治療によく使用されるのがPPI(プロトンポンプインヒビター)と呼ばれる種類の薬剤です。
この種の薬は胃酸を分泌するプロトンポンプの機能を阻害することによって胃酸の分泌量を少なくします。
胃酸を抑える薬としては他にH2ブロッカーがありますが、PPIの方が胃酸分泌を抑える力は強いです。
このPPIの代表例はネキシウムです。
ネキシウムは従来のPPIを改良して、より効率的に胃酸分泌を抑制できるようになったPPIでスーパーPPIとも呼ばれています。

そんなネキシウムとアルサルミンとの併用に関してですが、アルサルミンは胃粘膜を保護したり、胃酸分泌を軽度に抑える効果がある胃薬です。
ネキシウムとアルサルミンは薬物間相互作用を起こしませんし、作用機序が異なるので併用しても構わない組み合わせです。

また胃瘻に関してですが、胃瘻とは嚥下の難しい方などの施される、胃に直接つながるチューブの穴です。
ここを通して食事や薬を摂取することができます。
胃瘻をした方にネキシウムを使用する場合には、カプセルが胃瘻のチューブに詰まることがあるため脱カプセルをして投与するのがいいでしょう。

関連記事
経口感染するピロリ菌の除菌補助にネキシウム

ネキシウムはプロトンポンプインヒビターに分類される胃潰瘍の治療薬として名高いものの一つです。H2ブロッカーとも呼ばれるプロトンポンプインヒビターはヒスタミン受容体のうちH2受容体に選択的に阻害作用を示す薬であり、胃において作用することによって胃酸の分泌を抑制します。これによって胃酸による胃への刺激を

2019年08月04日
胃酸過多にはネキシウムとウルソデオキシコール酸

胃酸過多とは胃酸が正常より多く分泌されることによって種々の症状を引き起こす状態をいいます。胃酸過多によって起こる症状としては胃のムカムカ、胃酸の食道への逆流による胸やけやげっぷ、呑酸、さらに胃潰瘍や十二指腸潰瘍によるみぞおちあたりの痛みなどが挙げられます。現代の日本ではこの胃酸過多に悩まされる人の数

2019年06月24日
ネキシウムで効果がある適応症

エソメプラゾールを有効成分としているネキシウムは過剰な胃酸をコントロールする効果があり、プロトンポンプ阻害剤として知られています。エソメプラゾールは胃壁にあるプロトンポンプの機能を阻害することによって、身体の中からの刺激で胃酸分泌のシグナルが伝えられても胃酸を分泌できなくすることができます。これによ

2019年04月28日
ネキシウム以外の効果的な酸分泌抑制薬

胃酸過多は様々な影響をもたらします。まず胃酸過多の症状としては、胃のムカムカ、胸やけ、呑酸などが挙げられ、これを放置してしまうと、逆流性食道炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍となってしまいます。これをさらに放置すると慢性的な炎症状態となり、最悪ガンに移行してしまう可能性もあります。よってこういった症状が現れた

2019年05月13日
逆流性食道炎による嘔吐にもネキシウムが効く

逆流性食道炎は胃液や十二指腸液が、文字通り逆流することで食道を荒らして炎症などの症状を起こします。日本人には少ない病気と言われていましたが、近年の食生活や生活環境の変化、ストレスなどの要因によって年齢に関わらず発症することが多くなっています。逆流性食道炎の最も多い症状に胸焼けがありますが、胃酸が逆流

2019年07月09日